留学した際の滞在方法について

留学した際の滞在方法には、ホームステイ、寮(ドミトリー)、シェアハウスなどがあります。

それぞれの特徴をご紹介しましょう。
ホームステイは、現地の家族と生活をともにしながら、生活習慣や文化を学ぶことができます。

留学情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

通常、2~3食付きで個室が与えられます。

NAVERまとめについての情報ををお探しの方は必見です。

ホームステイは、ステイ先によって食事やサービスが一律ではありません。また、食事や入浴などは、ステイ先の家庭のルールに従う必要があります。

留学先の学校への通学は、公共交通機関を利用して各自で行います。
寮(ドミトリー)は、大学や語学学校所有の学生寮に滞在します。
キャンパス内にあるタイプと都市の中心地にあるタイプがあり、都市の中心地にあるタイプでも通学時間はそれほどかかりません。



学生寮なので、各国の留学生との交流を深めることができます。


1部屋に1~4名で、基本的な家具は設置されています。

ルームメイトを選ぶことができないので、文化の違いがあることも認識しておきましょう。
シェアハウスは、ワーキングホリデーでよく利用される滞在方法です。

住む場所、家賃、ルームメイトを選ぶことができ、ホームステイより費用が安いのが人気の理由です。

ただし、最初はホームステイやドミトリーで現地の生活に慣れて、現地の状況がわかってからシェアハウスを探すことをおすすめします。

シェアハウスは契約を交わさないため、トラブルを防ぐためにも、事前にハウスルールをしっかり確認しておく必要があります。

MENU